デンソー期間工は稼げる!?仕事内容や正社員への道もあるか解説!

デンソー期間工は稼げる!?仕事内容や正社員への道もあるか解説! 期間工

デンソー期間工まこです!

仕事選びで気になるのは①稼げるかキツくないか将来は正社員になれるのかといったことですよね。

今回は、デンソー期間工は無理せず働いてお金を稼ぐことができるのか、そして短期的ではなく、将来はデンソーの正社員になれるのかといった気になるところを解説します!

デンソー期間工(期間従業員)の収入は?稼げる!?

デンソーはトヨタグループの巨大部品メーカーで、製造業の中でもかなり良い給料で期間工として給料が最高クラスに高いです。

デンソーの期間工がほかの期間工に比べて稼げるのは、日給の高さはもちろん、満了慰労金や満了報奨金の高さのおかげです。

また、正社員登用制度があるため、キャリアアップを目指せる環境ですから定着率も90%と非常に高いです。

稼げる理由1:デンソーの期間工は給料が最高クラスの高さ

デンソーの期間工は、稼げると言われている他のメーカーと比べても日給が高く、契約満了金も高額で高収入であることが特徴です。

デンソーの日給は約10,000円~11,300円(2組2交代)で月換算で約30万円程になります。

勤続年数に応じて昇給していくので

初年度日給:10,000円

2年目日給:11,000円

3年目日給:11,300円

と、大変高いです!

長く働けば働くほど稼ぎやすい仕組みになっているのがメリットです。

稼げる理由2:満了金と報奨金の良さ

各種手当や節目にもらえる満了慰労金や満了報奨金などが大変充実しています。

36ヶ月満了の場合、満了慰労金・満了報奨金累計で300万円可能
・6ヶ月満了 300,000円
・12ヶ月満了 540,000円
・18ヶ月満了 540,000円
・24ヶ月満了 540,000円
・30ヶ月満了 540,000円
・36ヶ月満了 540,000円
6ヶ月契約満了毎に最大54万円支給支給(支給条件有り)、総額3,000,000円
※1ヶ月稼働日=20日計算
 
3年(36ヶ月)フルで働くと貰える満了慰労金と報奨金合わせて約300万円にもなります。

6ヶ月満了から契約更新をすると慰労金・満了報奨金とも1日当たりの金額ベースが上がり、慰労金・満了報奨金が1年以上勤務することで大きく増額されるので、長期を前提に働くほうが稼げます。

結論:デンソー期間工は1年目から年収471万円以上を稼げる

月収と満了金などを合わせると、1年目から年収471万円以上稼ぐことができ、経験者なら1年目から500万円以上も可能、これは業界内でもかなり稼げています。

 
年収450万円を超えるのが普通で、経験者なら年収500万円以上稼ぐことも可能です。

↓おすすめ記事↓

給与1年目…10,000円 2年目…11,000円 3年目…11,300円
時間外手当時間外手当(残業)…30%アップ 深夜手当…30%アップ 休日出勤…45%アップ
交替勤務手当夜勤の勤務日数によって異なる
各種手当など6ヶ月在籍手当入社・赴任手当再入社手当
慰労金700円 ~ 2,000円/日(勤続勤続により増額)
満了報奨金1,000円 ~ 2,500円/日(契約更新で増額)
寮の有無あり(基本的に無料、水道光熱費7,000円)
食事工場に食堂あり
正社員登用の有無あり(登用試験は年に2回実施)

デンソー期間工の仕事内容はお金に見合う?

稼げる期間工と聞くと

「キツい仕事なのでは?」

「やってみたいけど不安…」

という人は多いかもしれません。

デンソーは自動車部品の製造から家庭用の空調機器など幅広い製品を手掛ける大手部品メーカーです。

重たい製品を扱うことの多い自動車のボディメーカーに比べ、デンソーは自動車関連分野、生活関連機器分野、産業機器分野などの細かい部品などのメーカーなので主に軽い製品を扱います

具体的にはパワトレインやスパークプラグといったエンジン内の装置の他、自動車の様々な部品やカーエアコン設備、走行安全関係製品を扱っているため各工程ごとに分かれて製造を行います。

「お給料が高くても、仕事がキツすぎて体を壊すかも…」という心配はいりません。

体力自慢の男性じゃないと務まらないとか体力的に女性にキツイといった仕事ではありませんので、女性の従業員も多いというのがデンソーの期間工の特徴です。

↓おすすめ関連記事↓

デンソーの期間工の勤務時間・勤務シフト

デンソー公式You Tubeチャンネルより

デンソーでは下記の勤務形態を取っています。

常昼勤務・2組2交替・3組2交替・3組3交替

常昼勤務以外は、全ての形態に夜勤があります。

勤務時間は工場・部署によって異なり、会社によって配置が決められるので残念ながら勤務時間は自分では選べませんが、時間帯によっては手当が出て多く稼げるなど、シフトそれぞれにメリットがあります。

勤務時間特徴
常昼勤務08:40〜17:15
2組2交替(1)08:40〜17:15
(2)17:10~01:45
(3)18:55~03:45
(4)19:55~04:45
1週間ごとに日勤と夜勤を繰り返す
3組2交替(1)08:40~19:10
(2)19:40~06:10
(3)19:10~05:40
1週間のうち4日勤務で3日休み
3組3交替(1)07:10~13:45
(2)13:45~22:20
(3)22:20~07:10
勤務時間は1週間おきに交替

正社員への道もある?

デンソーは正社員登用を実施しているので、デンソーの期間従業員からの正社員登用数は、

2018年度が426人、2019年度が358人、2020年度が116人、2021年度が120人、2022年度が177人

期間工から正社員になった人数がとても多いです。

引用元:デンソー社会性報告

デンソーは積極的に正社員登用している

デンソーは期間従業員からの正社員登用に積極的に取り組んでいます。

大手自動車部品メーカーの豊田自動織機は正社員登用数が数少ないのに対して、デンソーは数百人単位で正社員登用しています。

在籍期間6カ月を超えると正社員登用試験を受験可能

デンソーの期間従業員は在籍期間6カ月を超えると、正社員登用試験にチャレンジすることができます。

  1. 無遅刻・無欠勤・無早退である
  2. 最初の6ヶ月を満了し、契約更新する
  3. 勤務成績や勤務態度が良好である
  4. 職場の人間関係が良好である
  5. 正社員になりたいと意思表示している

まとめ

デンソー期間工は1年目から年収471万円以上を稼げて、長く働けば働くほど収入がアップしていく仕組みになっています。

給料が高額なだけでなく、他の期間工に比べて体力的な負担が少ないというメリットまであります。

また、意欲のある方は残業が多いため稼げるというのも特徴です。

気になったらさっそくチェックしてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。