期間工が実は将来性のある働き方⁉雇用期間に不安を持たなくて良いワケとは

期間工が実は将来性のある働き方⁉雇用期間に不安を持たなくて良いワケとは 期間工

デンソー期間工まこです!

期間工を始めてみようと興味を持った方、期間工を再度やろうと前向きな方は、

「はたして期間が決まっている期間工をこのままずっと続けていって、将来はどうなるのだろうか?」と考えたことはありませんか?

実は期間工は、非正社員や派遣、パートやフリーターで生計を立てている人とは大きく違って、ライフプランやワークライフバランスを自分で調整できる「先取りの働き方」なのです。

そこで今回、期間工という働き方が将来設計を実は立てやすい魅力的な仕事であることを解説していきます。

PR

期間従業員は契約社員

自動車メーカーや自動車部品メーカーの「期間工」は期間従業員とも呼ばれ、雇用形態は契約社員という働き方です。

契約社員とは「雇用期間に定めがある」従業員のことで、企業との直接雇用による期間の定めのある雇用形態のうち、主にフルタイムで働くケースを指します。

この契約の形態を「有期雇用契約」といい、じつは有期雇用契約ならではの手当や保障が受けられます。

契約社員に対して、正社員登用制度を設けていことで正社員への道が開かれている企業も少なくありません。

特に期間工は、メーカーによっては正社員への登用を積極的に行っていますが、雇用契約で定めた期間だけ働き、契約期間が終了した時点で更新せずに別の人生を進むことも可能です。

期間工ループとは

期間工ループとは、期間工で一定の期間働いたあとに辞めて、再び期間工に就くことを指します。

期間工は最長2年11ヶ月と働ける期間が決まっているため、長く続けられませんが、期間工の仕事は給料や待遇が良いことから、辞めた後に失業手当をもらい、再び期間工の仕事に就く人が多いです。

期間工は2年11か月が最長期間で、契約の更新はできませんが、クーリング期間といわれるオフの期間を経ることで、それ以前の契約期間は一旦リセットされます。

クーリング期間は最低でも6か月間とされており、その間は一旦無職(失業保険・失業手当を受給できる)となるか、または別の職場で働くことになります。

クーリング期間がすぎれば再度同じ職場での勤務が可能です。

期間工ループを続けられるのは何歳まで?期間工の年齢の上限は?

期間工の仕事に年齢制限はありませんが、体力のある若い人が重宝される傾向にあります。

現実的にはミドル世代になると、期間工の仕事に就くことが難しくなるといえるでしょう。

期間工の年齢の上限はメーカーによって様々ですが、以下をひとつの目安として考えてください。

  • 完成車メーカー:40歳程度
  • 部品メーカー:50歳程度

思ったよりも年齢制限が緩いと感じるかも知れませんが、若者が有利なことは否めません。

工場勤務経験があれば次の採用に有利ですので、早めのうちに期間工として働いておくのがおすすめです。

ちなみに期間工8年で貯金3,000万円を貯めたぞ!という方もいますので、強い意志を持っていれば実現可能です。

期間工はセミリタイアが可能

一般的なサラリーマンの早期退職(アーリーリタイア)とは、定年を迎える前に退職を希望できる制度です。

希望退職制度では、業績の悪化や事業の縮小に伴う人員整理を目的として、期間限定で退職者を募集するのが一般的ですが、早期定年退職は期定年退職福利厚生の一環として用意されており、社員は理想とする第二の人生を歩むことができます。

再就職や起業など、セカンドキャリア移行に適した年代であるため、企業は組織の新陳代謝促進や従業員のキャリア支援を目的に恒常的に行われているのです。

早期退職の対象となりやすい年齢は40~50代で、これは期間工で例えるなら、募集するメーカーが少なくなる年代です。

つまり、期間工が例えば40~50代で仕事を辞めたとしたらそれはサラリーマンの早期退職と同じ年代であり、計画的に辞める人と変わらないと言えるでしょう。

期間工には時給の高さ、手厚い制度、社員並みの待遇など魅力いっぱい

期間工を雇用するメーカーの多くは、「入社祝い金」「報奨金」「慰労金」「各種手当」「満了金」など、魅力的で手厚い制度を用意しています。

夜勤手当や休日出勤手当などの手当が充実していることも、期間工にとって大きな魅力です。

短期間で多額の収入が見込める

期間工は短期間でお金を稼ぎたい人に向いています。

皆勤手当や契約期間満了時の満了慰労金など、諸手当が充実しているため、大きなお金を短期で手に入れられます。

技術革新や社会変化に大きく影響されない職業

自動車メーカーや自動車部品メーカーは人々の購買行動の変化などで、労働力の需要量が変化するという心配のない業種です。

よく「斜陽産業」という言葉を耳にしますが、自動車は日本の基幹産業であるため、売上高や生産高がピークアウトし、将来も回復が見込めない産業とは縁がない仕事と言えるでしょう。

少なくともトヨタ、日産、ホンダ、スバル等の工場で務めていて、会社が無くなるかもという不安を抱く人はいません。

土日休みであることが多い

いくら短期間で稼げるとはいえ、休みの日を潰してまでは働きたくない、と思う方も多いでしょう。

土日休みの期間工メーカーは多く、プライベートな時間を確保できます。

年中無休の自営業と違い、ゆとりを持った生活ができます。

もちろんどんどん稼ぎたいという方は働くこともできますし、自身の体力や気力を考慮してどう働くか計画するといいです。

転勤がない

勤務工場が決まったら、転勤がないことがメリットです。

「転勤族」は何度も引っ越しを繰り返し、せっかく馴染んだ土地を離れないといけませんが、期間工の場合はいったん工場が決まればそこに根付いた生活を送ることができます。

期間工でも年金はもらえる!

期間工だと年金をもらえないと思っている人もいるようですが、条件を満たしていれば期間工もしっかり年金を受け取ることができます。

期間工は正社員とは形態が異なるため、厚生年金や障害年金などの公的年金を取得できる条件も変わってきます。
  
まず、期間工は雇用期間が2ヶ月を超えることで被保険者としての資格を取得することができます。

もちろん、勤めている所が厚生年金を適用しているというのが前提条件になりますが、条件を満たしていれば、期間工という働き方であっても年金を受け取ることができるようになります。

正社員と同等レベルの待遇

正社員と同等の福利厚生を提供しているメーカーが増えているのが、期間工の大きな魅力です。

例えば、大手メーカー工場で期間工として2年目を迎える25歳と、一般的な企業の正社員25歳の平均的な収入を比べてみると、同じ年齢でありながら期間工のほうが手取りがよいというのは驚くようなことではありません。

これは、そもそもの時給がよいことに加え、「入社祝い金」「報奨金」「慰労金」などの一時金が支給されるからです。

こうした魅力に加えて、

✔正社員と同じように社会保険や雇用保険に加入できる

✔社員並みの年間休日数がある

✔無料の寮などが用意されている

など、メリットがいっぱいです。

さまざまな福利厚生を充実させているメーカーや工場が多いので、若いうちにお金を稼ぎやすく、生活にも苦労しません。

よく、期間工は出世がないと言われますが、始めから給料が高いのでそういう年功序列な制度とは違うんです。

ライフプラン・ワークライフバランスを自分で調整できる

将来の人生を謳歌したい方何か希望を持つ人にとって、期間工はそれを達成するための最も早く手堅い方法です。

「期間を決めて大金を貯める!」

「短期で効率よく稼ぎたい」

「空いた時間を好きなように有効活用したい」

「働く期間を定めて趣味の時間を充実させたい」

期間工をずっと継続して正社員を目指すのももちろん良いですが、オンとオフにめりはりがある自由度の高い働き方、生き方をしたいという方に向いています。

「経済的な自立とセミリタイア」を目指す

期間工で若いうちに集中して稼ぎ、稼いだお金を貯金、または資産運用によって資金確保し、FIRE(経済的な自立を実現させて、仕事を早期にセミリタイアすること)を目指すというのもひとつの選択肢です。

資産運用の知識などが必要となりますが、元手が大きいため、資産寿命を延ばすことで経済的自立ができます。

期間工の仕事は、未経験でも初年度から年収400万円以上を目指せるうえに、無料で寮に住める場合もあるため、効率的にお金を貯めることができます。

FIREを目指す方にとっては、期間工で資金を作ることは有効な方法だと考えられます。

セミリタイア後の人生プランを立てる

まずはセミリタイア後の人生プランを早いうちから立てて、期間工を終了した後の人生をどう生きていきたいかを決めましょう。

やりたいことや挑戦したいこと、それを実現するためにかかる時間やお金などをざっくりと書き出すと、より具体的になります。

夢や目標があれば、毎日をただ漫然と過ごすのではなく、その実現に向けて努力することもできます。

ただ漫然と毎日を過ごすのではなく、人生プランを立てて、最大限に楽しみましょう。

サイドFIREやバリスタFIREで第二の人生を歩む

完全なFIREサイド・バリスタFIREの大きく2種類に分けられます。

完全なFIREとは、労働収入がなく配当や貯金のみで暮らしている状態を指し、悠々自適な暮らしのイメージは完全なFIRE状態に近いです。

サイドFIREやバリスタFIREは労働収入と配当や家賃収入などを組み合わせて生活していく状態を指し、完全に仕事をいっさいやらないのではなく、自分の負担にならない程度の仕事をアルバイトやパートタイマーとして働くことをいいます。

完全なFIREの場合は自分の時間がしっかりと確保でき、優先的に好きなことをして暮らせますが、しかし時間を持て余すことになり、社会とも断絶されやすくなるので孤独感を感じやすいというデメリットがあります。

一方、サイドFIREバリスタFIREの場合は労働時間を割かなければならないですが、労働収入という安定的な給料の確保と社会との交流機会を増やせるというメリットを持っています。

セミリタイアに必要な金額は、ライフスタイルや家族構成、年齢によってもいろいろ異なるのですが、およそ1500万円から3000万円ほどと言われています。

私見としては2,000万円~ならきつくない程度に始めることができますので、期間工として若い頃に一生懸命働いて無駄遣いせずに貯蓄していれば十分可能な金額です。

ですから将来への不安どころかむしろ、「アリとキリギリス」で例えるなら一生懸命計画的に働いたおかげで冬を暖かく暮らすことができるアリのような人生と言えるでしょう。

経済的な余裕を持てる貯蓄をしておく

生活していくためには収入だけでなく、生活費や趣味に充てられるだけの貯蓄も必要です。

総務省の「家計調査報告(家計収支編) 2022年」によると、世帯主が60歳以上の2人以上の家庭では、1ヶ月の平均消費支出は約26万円です。

期間工を退職するとその後は安定した給料がなくなり、お金を使う余裕がなくなるかもしれません。

生活費に加えて、例えば病院通いや子育て費用なども支払わなければなりません。

退職後、経済的に苦しい状態にならないように、期間工として働いている間は余裕のある貯蓄をしておきましょう。

期間工から正社員を目指すという選択肢もある

正社員登用制度には、勤続年数や勤務態度、年齢、昇格試験合格などの一定の条件がありますが、仕事内容や職場環境を理解した上で正社員になれるため、転職や転職先を探すよりもミスマッチが少ないのがメリットです。

また、大手企業ではパートやアルバイトの正社員採用の基準として大学や高校の学歴を求めているところが多いですが、期間工の場合は学歴は正社員採用の条件とならないことが多く、実際に中学卒でも正社員に昇格したケースもあります。

正社員制度のある大手製造メーカーでは、期間工を正社員登用する実績があり、なかには登用率が80%を超えるメーカーもあります。

29歳以下だと正社員に登用されやすい傾向にありますので、人生の選択肢の一つに入れてもいいでしょう。

まとめ

期間工は何度かループして無駄遣いしなければ、人生のうち早い時期に大金を手にすることが可能です。

期間工FIREについて紹介しましたが、これはリアルに実現できる人生設計といっていいでしょう。

働く期間は中年までですが、一般的なサラリーマンよりも早く大金を手に入れることが可能です。

ぜひ一度、ワークライフバランスについて考えてみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

当サイトのリンクやバナーから詳細をクリックすると、ココだけの特典が受けられます

増額キャンペーン
【採用で現金10,000円▶今なら50,000円がもらえる!】